スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公認大会の反省

時間があるときはできるだけ前回なぜ負けたのかを考えてみたい。

クイックダンディの長所はドリル・ウォリアーを使用し、自身の攻撃力を半分にして相手を殴り、手札を1枚捨てることで除外され、次のターンのスタンバイフェイズに戻ってきた自身の効果でモンスターを回収以下無限ループができること。images[3]
シンクロ・効果モンスター
星6/地属性/戦士族/攻2400/守2000
「ドリル・シンクロン」+チューナー以外のモンスター1体以上
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時にこのカードの攻撃力を半分にし、
このターンこのカードは相手プレイヤーに直接攻撃をする事ができる。
また、自分のメインフェイズ時に1度だけ、
手札を1枚捨ててこのカードをゲームから除外する事ができる。
次の自分のスタンバイフェイズ時、このカードの効果で除外した
このカードを自分フィールド上に特殊召喚する。
その後、自分の墓地に存在するモンスター1体を手札に加える。


そしてこれを可能にするのがクイックシンクロンとダンディライオンの友情コンボである。
7645853[1]
images[8]
効果モンスター(準制限カード)
星3/地属性/植物族/攻 300/守 300
このカードが墓地へ送られた時、自分フィールド上に「綿毛トークン」
(植物族・風・星1・攻/守0)2体を守備表示で特殊召喚する。
このトークンは特殊召喚されたターン、アドバンス召喚のためにはリリースできない。

チューナー(効果モンスター)
星5/風属性/機械族/攻 700/守1400
このカードは手札のモンスター1体を墓地へ送り、
手札から特殊召喚する事ができる。
このカードは「シンクロン」と名のついたチューナーの代わりに
シンクロ素材とする事ができる。
このカードをシンクロ素材とする場合、「シンクロン」と名のついた
チューナーをシンクロ素材とするモンスターのシンクロ召喚にしか使用できない。


当たり前のことだが一つ一つ確実に確認しながらデッキを確認していくことが大事なことであるのでご了承ください。

しかしこれにひそかに疑問を抱いているのが正直なところ。
実際にこのコンボをダンディライオンを捨ててクイックシンクロン特殊召喚、トークン2体出てきてシンクロ、ドリルウォリアー効果でさらに手札1枚消費。
これだけで3枚のカード消費していることが1点、初手6枚のうち半分がここで消えること。
仕方ないといえば仕方ないがやはりこれは今の環境ではきつい。
神の警告、王宮の弾圧で即座に死んでしまうと1:3の交換と考えるとやはりあまりにリスクが高い割に今一つだというのが今回の感想。

しかしこのコンボを否定するということは結局このデッキを使わなければいいだけになってしまい、考える余地が無くなってしまうのでここはもうちょっと考えてみよう。

このアドバンテージの取れないことが問題なのではなく、他のカードでアドバンテージを取ればいいのではないかというのが今の僕の考えである。
実際の今回の公認大会で僕が使用したデッキにはサンダーブレイクにエフェクトヴェーラー、ワンフォーワン、ハリケーン等の直接アドバンテージが得られずらいカードは重なって喧嘩をするようなイメージになってしまっていたため、もう少し減らすべきだと思ったのが正直な感想でした。

そこで最近流行っているのがデブリダンディというクイックシンクロンを排除して作成されたデッキである。
images[3] (2)
チューナー(効果モンスター)
星4/風属性/ドラゴン族/攻1000/守2000
このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地に存在する攻撃力500以下のモンスター1体を
攻撃表示で特殊召喚する事ができる。
この効果で特殊召喚した効果モンスターの効果は無効化される。
このカードをシンクロ素材とする場合、
ドラゴン族モンスターのシンクロ召喚にしか使用できない。
また、他のシンクロ素材モンスターはレベル4以外のモンスターでなければならない。


このギミックは実際クイダンでもデブダンでも使用するためのギミックではある。

トリシューラ環境である以上このデブリドラゴンは少なからずあると安心する。
何より守備力2000も地味に強いことが今日の試合で分かったことの一つ。

そして僕の結論としてはクイックダンディのコンボは最初のうちは使用しないほうがいいのではないかという結論に達した。
もちろんケースバイケースではあるけどやたら無闇にこのコンボを使用することは自殺行為であり、今の環境ではドリルウォリアーよりまずデブリダンディからのブラックローズ、デストロイヤーの除去、トリシューラの除去等で相手とのアドバンテージを得たところで相手のフィールドを空にしてから初めて成り立つコンボであることが良く判った。

このデッキの弱点としては

1.特殊召喚を封じられること。
2.魔デッキに弱いこと。
3.除外に弱いこと。

少なくともこれらは避けられません。
しかし弱点が判っていればサイドをしっかりすることで、もしかしたら道が切り開けるのではないかと個人的には思っています。

実際問題クイックダンディは大会でも頑張れるデッキであってほしいというのが正直な感想です。
次回の大会までにはこのデッキを完成型にもっていき、もう一度頑張ってみようと思います。

まとまりのない文章ではありますが、また色々と書いていこうと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゃかいじん

Author:しゃかいじん
しゃかいじんです。
現在神奈川に滞在しています。
ヴァイスシュヴァルツをメインにしています。
行きつけの店は宮前平のディスクメイトか溝の口カードキングダムが多いです。
たまに横浜周辺にもいます。
遊戯王は休止中です。
遊戯王時代の行きつけは宮前平のディスクメイトか青葉台トレステでやっていることがほとんどでした。
スカイプやってます。
kimagureshakaijin0531です。
よろしくお願いします。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。